続・偉大な発明家2

c0168955_7485085.jpg▼コーパー・コールズ/1819-1870 当時世界最強の海軍であった19世紀のイギリス海軍に11歳の時に入隊しクリミア戦争を経験したコールズは海上からタガンログの町を砲撃するためイカダの上に載せる回転する砲塔を設計し、戦後この回転式砲塔の特許を取得した。▼海軍大佐にまで昇進し船の設計を任されるようになると、Turret shipと呼ばれるそれまでのように船の横腹から大砲が突き出るのではなく、甲板の上に回転式砲塔を載せたタイプの軍艦を考案した。▼水面より上に出る部分が低く、武器を積めるだけ積み込んだような設計は当然バランスが悪く、1870年に「HMS Captain」が転覆して500名以上の乗組員が亡くなった際、コールズも乗組員の1人として亡くなった。▼ヘンリー・ウインスタネリー/644-1703 あまたの船が座礁してきた‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-23 04:16
<< レンブラント2 名古屋の碁盤割16 >>