影男/23

c0168955_652041.jpg◎カゲロウ◎日ざしの強い日に舗装道路の路面近くを通して遠くを見ると、景色がゆらゆらとゆれて見える。このような現象をカゲロウと言う。地物や地面に日が当たると、そこが熱せられ、その傍の空気も暖まって上昇気流となって上へ昇る。この時まわりの冷たい空気といり乱れ、そこを通る光線が不規則に屈折するために起こる現象である。星の瞬き(シンチレーション)も似た原因で起こる。俳句では春の季語になっているが、春に限って起こる現象ではない。ちなみに、カゲロウを漢字で書くと「陽炎」になる。影という字は出てこないので‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-05 06:26
<< 定点観察/87 走馬灯のように/40 >>