影男/24

c0168955_652041.jpg影踏み鬼は影を利用した遊びの一種。単に影踏みとも称する。古くから存在する遊戯で、日本では明治30年代まで月明かりの夜に行なわれることが多く、「影や唐禄神、十三夜の牡丹餅」などと囃しながら行なわれたという。基本ルールは2つの方式がある。日影を利用するため日照が十分にある屋外などで行なわれる。《全員一斉に行なうもの》開始の合図で一斉に他の者の影を踏むことを競うもの。《鬼役を決めて行なうもの》まず、参加者の一名を鬼役として選び、他の者は建物など何らかの物体の日陰に‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-09 04:49
<< 定点観察/88 春の一日 >>