読書感想/125

c0168955_652041.jpg帳尻屋始末1『抜かずの又四郎』作者:坂岡 真 出版社:双葉文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎江戸に山吹の花が咲き乱れる春、雲州からやってきた若い浪人がいた。不傳流の師から譲り受けた愛刀助広を紙縒で封じた琴引又四郎。古びた口入屋「蛙屋」に足を踏み入れたことから、悪を懲らしめ善悪の帳尻を合わせる「帳尻屋」と呼ばれる集団や殺生石と異名を持つ凄腕の浪人柳左近と親交することになる。◎私的感想◎著者渾身のシリーズ第1弾という割になんの変哲もなかった。『花も刀も』作者:山本周五郎 出版社:新潮文庫 私的評価:なし◎ストーリー◎剣ひと筋に励みながら努力が空回り‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-13 04:20
<< 走馬灯のように/41 またまた焼き鳥屋 >>