走馬灯のように/42

c0168955_652041.jpg◎心に残る小さな小さな物語/5◎今日、ドレスアップして知らない相手とのデートの相手を待っていた。相手の男性は結局来なかった。ひどいと思った。きっと遠方に住んでいて、ここまで来ることができなかったのだろうと自分を慰めて、1人でレストランを出ようとした時に、小さな女の子が母親に話す声が聞こえた。その子は私を見て、「あの人お姫様?」と母親に尋ねていたのだ。私は笑顔になっていた。今日、祖父を予約しておいた病院に車で連れていった時のことだ。2つ続けて赤信号に引っかかり不満を言っていると、祖父はクスクスと笑い出した。「お前はいつも赤信号に文句を言ってる。だが青信号を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-19 03:11
<< 宇宙人11 影男/25 >>