<   2013年 07月 ( 82 )   > この月の画像一覧

読書感想/98

c0168955_652041.jpg『おーい、半兵衛』剣客志願作者:森 詠 出版社:学研M文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎道場主の大柿幸之介は、長男の半兵衛が後を継ぐことを望んでいたが、人のいい半兵衛はのらりくらりと躱すばかり。半兵衛は木刀は苦手だが、真剣を持つと人が変わる天賦の才の持ち主だった。そんな半兵衛が呉服屋の娘・奈々の用心棒を引き受けたことから…。◎私的感想◎ちょっとマンネリ化しているのかな。よろず屋稼業 早乙女十内1『雨月の道』作者:稲葉 稔 出版社:幻冬舎時代小説文庫 私的評価:★★★★☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎ひょうきんな性格とは裏腹に強い意志と確かな剣技を隠し持つ早乙女十内‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:10

定点観察/21

c0168955_652041.jpg雨が降っていない限り、ここには毎日来ている。作業所のドアが開くのが遅くなって8時半になってしまったので、時間を持て余すことになってしまったから。しょうがない。[41日目]◎定点撮影アングル1。◎定点撮影アングル2。◎なぜか観葉植物の親玉もいた。◎人影のない野球場、淋しい。[42日目]◎雲ひとつない晴天だった。◎定点撮影アングル2。◎こういうアングルも面白いけど、前にも撮った気がする‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:09

古代の不思議/22

c0168955_7511095.jpg◎古代アマゾン文明/2◎古代モホス文明がいつ頃から始まったのか、その起源は定かではないが、約1万年以上も前に遡るとされている。そして、恐ろしく長期にわたってこの文明は存続していた。調査によると、つい最近まで紀元1200年頃までそれは存続していたと思われているのだ。そうなると、最古の都市文明を築いたとされるメソポタミア文明よりも遥かに古く、長い歴史を持つことになる。ロマとはスペイン語で丘陵、もしくは山を意味する言葉だそうである。そうした大小さまざまなロマが、これまでに約2万個も確認されているのである。ロマは概ね楕円形をしており、高さが3~16mほどある。大きいもので長さ300m、幅150mを越える。ロマからはおびただしい土器類や埋葬に使ったと見られるかめ棺などが多数出土している。また、それ以外にも食用に‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:08

日本軍の軌跡/24

c0168955_7492413.jpg◎伊8潜/3◎遥か極東の同盟国から来た伊8潜をドイツ側は最大級のもてなしで歓迎した。乗員全員が歓迎パーティーに招待されシャンパンが抜かれた。また、長旅で傷みが激しかった伊8潜の船体もドイツ海軍の工廠で修理を受け、後甲板にはドイツ製最新式20mm4連装機銃も装備された。遣独の目的の1つでもある兵員の教育研修も到着数日後から早速開始され、新型機銃の操作・保守についてや実弾射撃訓練、新型電探の取り扱い法、受信波の判断などについて、細かく指導をうけることができた。その間、大尉以上の士官はパリ経由でベルリンへ案内された。あいにくヒトラー総統は不在で面会は叶わなかったが、デーニッツ海軍長官が丁重に出迎えてくれた。内野艦長一行はここでも最大級の歓迎と待遇を受け、宿泊は超一流のカイザーホッフ。しかも貴賓室という‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:07

時代は江戸時代:618

c0168955_7524012.jpg◎江戸城御庭番/7◎法隆寺にも正倉院があるが、東大寺のものより狭い。そこには名香が2木あり、高麗の草書で文字があるが読めない。その他、宝物が大変多く保存されているが、殆どが聖徳太子の御調度だけで、東大寺の三倉とは違う。東大寺三倉の御宝物を四聖坊で点検している絵図は別に収蔵し、宝物の姿を画き留めて置いた。開封の折りにその都度、拝見できたことは大変幸いであった。ここで、良材の記述は終わっているのだが、もう一度御宝物の記述を振り返っていただきたい。御宝物を総覧し私見を述べているのは奉行つまり武人としての物の見方である。「著名な御品」の他に先ず武具として鎗、剣、鞍に着目し、古鏡、金銀、書などに触れた後、楽器、碁盤、硯、筆などとなっている。ここで話は飛ぶのだが、早稲田大学図書館古典籍データベースに‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:06

土佐幕末人物伝9

c0168955_7485085.jpg武市半平太《1829-1865》▼土佐勤王党の盟主。文久元/1861年、一藩勤皇を掲げて坂本龍馬、吉村寅太郎、中岡慎太郎らの同士を集めて、江戸にて土佐勤王党を結成。土佐国吹井村に生まれる。武市家はもともと土地の豪農であったが瑞山より5代前の半右衛門が享保11/1726年に郷士に取り立てられた家である。▼文政5/1822年には白札に昇格した。「白札」とは身分としては郷士だが、当主は上士に準ずるといった扱いである。嘉永2/1849年、城下の新町で剣術道場を開く。なお、この道場の門下には中岡慎太郎、岡田以蔵等もおり、後の土佐勤王党の母体となる。▼安政3/1856年、江戸へ出て鏡心明智流の桃井春蔵に学び、塾頭となる。江戸では桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作など尊皇攘夷派の長州藩士とも交流する。文久元/1861年、一藩勤皇を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:05

水星の地殻

c0168955_7485085.jpg▼マリナー10号が撮像した水星の写真を見て、月と区別できる人は通と言ってもいいだろう。水星の表面は月と同じように激しい隕石重爆撃によって形成された無数のクレータに覆われている。▼灰白色のモノトーンな色調も荒涼とした月の高地を忍ばせる。ただし違いはあり、月のうさぎなどの模様でおなじみの「海」は見られない。海とは月形成後数億年以上たってから長期間にわたって噴出した玄武岩質溶岩が月の低地を覆ったものである。▼黒く見えるのは周囲の斜長岩に比べて鉄分が多く、相対的に反射率が低いからである。とはいえ、水星はまだ全体の半分しか撮像されていない。化学組成に至ってはまったく未知のままである。ここでは謎だらけの水星の表面全体の平均的な化学組成に注目する。▼水星の直径は月や木星のガリレオ4大衛星‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:04

名古屋の碁盤割17

c0168955_7485085.jpg▼伝馬町の町域は伝馬橋から東、奥田町に至る伝馬町筋の西端に位置し、木挽町筋と七間町筋との間、他に七間町筋から大津町筋との中間北側が町域である。町名の由来は清須以来伝馬役を務めていたからである。▼清須越の町であるが、移ってきた時期については諸説ある。『尾張志』はこの町について、慶長15年、清須の伝馬町を移して伝馬役をつとむ事もとのごとし。旧広井の八幡山にて瓦をやきし事ありし故桑名町より西の辺を瓦町といひしとも云伝へたり。伝馬会所本町の西南角にあり。制札同所東側にあり。遠見櫓本町七間の間北側にありと紹介している。▼『尾張志』の伝えるところによれば、遷府以前桑名町筋以西の地は泥江縣神社の山林であった。築城にあたり、ここで天守の瓦を焼いたので瓦町と呼ばれた。築城が完成し、瓦師が各地‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:03

中国に勝てる6つの方法

c0168955_7485085.jpg▼日本政府が沖縄・尖閣諸島の国有化を昨年9月に発表したことを受け、同諸島の領有権を主張する中国が猛反発し、両国間の文化交流を中断させるなどさまざまな対抗措置を打ち出した。インターネットでも政府の強硬姿勢にあわせて「釣魚島/尖閣諸島の中国語名を武力で奪還せよ」と言った勇ましい主戦論があふれている。▼そんな中、「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」という中国の弱点を指摘する書き込みがネットで話題となった。「ヒラリー長官の警告」と題される書き込みは米国のクリントン国務長官が訪中した際、中国の指導者に語った内容とされているが、実態は中国人のネットユーザーによる作り話とみられる。▼クリントン長官は中国の指導者に対し「貴国がフィリピン、ベトナムおよび日本と開戦すれば、米国は6つの対策‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:02

武田信玄

c0168955_7485085.jpg▼武田信玄が生まれたのは大永元/1521年11月3日。武田氏は甲斐に代々続く名家で、信玄が生まれた頃は大名としての確固たる勢力を保持していた。若き信玄はこの甲斐を父信虎から継いだが、その過程は円満なものではなかった。▼それは父を甲斐から追放するという手段だった。武田家の家督を強引に奪い取る、言わばクーデターだ。原因は父の強権的な領国統治に反発したためとも、父との不仲のためとも言われているが、はっきりしたことは判っていない。あるいはその両方だったのかも知れない。▼ともあれ、信玄の戦国大名としてのキャリアは戦国らしい「下克上」によって本格的な幕を開けたのだった。ちなみに、信玄の名は出家後の法名で、それまでは晴信と名乗っていた。しかしここでは判りやすくするため、全て信玄の名で統一する‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-07-29 05:01