<   2014年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2014.05掲載ブログ

e0059431_8121986.jpg◎588定点観察/85 ◎589飛行機雲/2 ◎590走馬灯のように/39 ◎591定点観察/86 ◎592宇宙人/9 ◎593走馬灯のように/40 ◎594影男/23 ◎595定点観察/87 ◎596宇宙人/10 ◎597春の一日 ◎598影男/24 ◎599定点観察/88 ◎600またまた焼き鳥屋 ◎601読書感想/125 ◎602走馬灯のように/41 ◎603定点観察/89 ◎604影男/25 ◎605走馬灯のように/42 ◎606宇宙人/11 ◎607定点観察/90 ◎608走馬灯のように/43
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-31 23:23

走馬灯のように/43

c0168955_652041.jpg◎心に残る小さな小さな物語/6◎私は今日、友達の女の子の付添い人として結婚式に参加する。彼女は4年前にガンを克服した。8年前、私達が大学4年生の時に乳がんが見つかり、余命18カ月と宣告されていた。友人の1人から巨大な贈り物のバッグが届いた。彼女は私が彼女のためにいることに感謝し「あなたは親友」と言ってくれる。彼女は精神的にも肉体的にもハンディキャップを背負っている。私はただ1週間に1度、30分彼女に会っているだけなのに。自動車事故で友人が突然死んだ。午前3時、私が病院の外で泣いているのを1人のタクシードライバーが見つけた。彼は車を止め私を乗せ、30マイル離れた家まで送り届けてくれた。そしてお金を受け取ることを拒んだ。父が小さな病院で他界した時、額にキスをした。臨終したその5秒後に、幼い時以来、父にキスするのは‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-23 04:08

定点観察/90

c0168955_652041.jpg◎江戸時代の謎:25◎江戸時代、花火を発展させたのが鍵屋と玉屋の2大花火師。初代鍵屋は大和国篠原村出身で、名を「弥兵衛」といい、万治2年、日本橋横山町に店を構え、将軍に花火を上納するほどだった。やがて鍵屋の手代だった清七が分家。その時もらった屋号が「玉屋」だった。もともと鍵屋の屋号は守護神であるお稲荷さんが鍵をくわえていたことからつけられた。そして、もう一方がくわえていたのが「玉」。これが「鍵屋」「玉屋」の屋号の由来だ。両国での川開きは上流に玉屋、下流に鍵屋が陣取り、それぞれ花火を打ち揚げた。しかし天保14年、徳川家慶が日光参拝に発つ前日のこと、玉屋は不慮の火を出してしまった。当時、失火は罪が重く、玉屋は江戸追放、一代で断絶。鍵屋、玉屋が技を競いあったのはわずか‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-23 04:07

宇宙人11

c0168955_652041.jpg宇宙の大きさについてはまだ判っていないことが多い。宇宙の大きさを考える場合、地球から理論上観測可能な領域即ち、観測可能な宇宙とそれを超える領域全体のどちらを考えるかに注意する必要がある。通常、宇宙と言えば前者を指すことが多く、「宇宙の果て」と言えば前者の観測可能な限界ライン/宇宙の地平線のことを指す。前者の大きさ、即ち、人類に判っている範囲だけに限った場合、半径約450億光年の球状の範囲である。この大きさは赤方偏移から計算された理論上の値であり直接の観測によって正確に判っている訳ではない。宇宙の大きさをそこに含まれるものとの比較によって感じてもらうために挙げると典型的な銀河の直径でもわずか3万光年にすぎない。隣どうしの銀河の間の典型的な距離はわずか300万光年にすぎない。例えば、我々人類が属している天の川銀河はざっと10万光年の直径であり‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-19 03:12

走馬灯のように/42

c0168955_652041.jpg◎心に残る小さな小さな物語/5◎今日、ドレスアップして知らない相手とのデートの相手を待っていた。相手の男性は結局来なかった。ひどいと思った。きっと遠方に住んでいて、ここまで来ることができなかったのだろうと自分を慰めて、1人でレストランを出ようとした時に、小さな女の子が母親に話す声が聞こえた。その子は私を見て、「あの人お姫様?」と母親に尋ねていたのだ。私は笑顔になっていた。今日、祖父を予約しておいた病院に車で連れていった時のことだ。2つ続けて赤信号に引っかかり不満を言っていると、祖父はクスクスと笑い出した。「お前はいつも赤信号に文句を言ってる。だが青信号を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-19 03:11

影男/25

c0168955_652041.jpg◎ひとかげ◎気功師のとかげと児童専門の心のクリニックで働く私。ある夜、私がとかげに結婚を申し込むと、とかげは「秘密があるの」と答えた。語られるとかげの子ども時代の惨劇と、それによってもたらされた深い傷。そして、私もとかげと向き合い、心の闇をさらけ出す。叫びをあげる2人の魂が希望をつかむまでを描く感動作とある。ちなみに、作者は「よしもと ばなな」だ。◎うっすらとした影も‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-19 03:10

定点観察/89

c0168955_652041.jpg◎江戸時代の謎:24◎祭りの主役とも言うべき神輿。そもそも神輿とは神霊の乗物のことで、遊行つまり神幸祭などで神霊が本殿から仮宮に移動する時に使われた。祭りで神輿が練り歩くのは神霊の遊行を意味している。神輿の形は平安時代の高貴な人の乗物をモデルにし、時代を追って次第に豪華絢爛になっていった。ちなみに、屋根の上の鳳凰の飾りは天皇だけが乗ることを許された鳳輦/ほうれんという輿の屋根に鳳凰が飾られたことに由来する。平和の象徴でもある鳳凰は祭りによく似合う。また神輿の担ぎ方は地域によってまちまちだ。「わっしょい、わっしょい」のかけ声と共に並足で揺らさない「平担ぎ」が全国で一番多い担ぎ方だ。変った担ぎ方では神輿を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-19 03:09

走馬灯のように/41

c0168955_652041.jpg◎心に残る小さな小さな物語/4◎今日ジムで、女性が歩み寄ってきてトレーニングのアドバイスをしてくれるようにと、私に頼んできた。彼女は「あなたの身体は素晴らしい!あなたがウォーミングアップをしてトレーニングに励む様子を見ていると、自分の目的意識が研ぎ澄まされる」と言った。私は思わずニヤニヤしてしまった。なぜなら、15歳のときから体重と闘っていたからだ。今日、祖父が亡くなった。私は泣きながら祖母にとても残念だと話していると、彼女はこう言った。「もう悲しむのをやめましょう。その代わり、おじいちゃんの素晴らしい80年の人生を讃えましょう。彼と私が重ねた60年」。今日、病院のベッドで父と3人の兄弟、2人の姉妹がそれぞれ‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-13 04:21

読書感想/125

c0168955_652041.jpg帳尻屋始末1『抜かずの又四郎』作者:坂岡 真 出版社:双葉文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎江戸に山吹の花が咲き乱れる春、雲州からやってきた若い浪人がいた。不傳流の師から譲り受けた愛刀助広を紙縒で封じた琴引又四郎。古びた口入屋「蛙屋」に足を踏み入れたことから、悪を懲らしめ善悪の帳尻を合わせる「帳尻屋」と呼ばれる集団や殺生石と異名を持つ凄腕の浪人柳左近と親交することになる。◎私的感想◎著者渾身のシリーズ第1弾という割になんの変哲もなかった。『花も刀も』作者:山本周五郎 出版社:新潮文庫 私的評価:なし◎ストーリー◎剣ひと筋に励みながら努力が空回り‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-13 04:20

またまた焼き鳥屋

c0168955_652041.jpg最近、千種にある焼き鳥専門店「鳥貴族」にはまってる。フードもドリンクも全品税別280円というのが売り。ワタシ的には別段美味くない料理をとるぐらいだったら、焼き鳥2皿でOK。それをチビチビやれば充分なんだな。更にここでワタシ的にいいのがバーボンのハーパーがあること。普通はウィスキーはあってもバーボンはないから。バーボンのロックにチェイサーがあれば文句はない。この日は芋焼酎のお湯割り2杯、バーボンのロック2杯、焼き鳥はボンジリの塩とキモのタレの2皿と初めて注文した2皿。これはワタシ的には2度と注文しないのだが〆て2420円‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2014-05-13 04:19