定点観察/66

c0168955_652041.jpg平仮名の歴史/1◎平仮名とは日本語の表記に用いられる音節文字のこと。平安時代初期の名僧である空海が平仮名を創作したという伝承があるが、これは現在では俗説であると考えられている。平仮名のもとになったのは奈良時代を中心に使われていた借字である。平安京に都が遷されて以降、借字として使用されていた漢字の草体化が進み、遂にもととなる漢字の草書体から独立したものが平仮名となり、文章を記す書記体系として確立した。既に8世紀末の正倉院文書には字形や筆順の上で平安時代の平仮名と通じる半ば草体化した借字が記され、これは9世紀中頃の『藤原有年申文』や同時期の『智証大師病中言上艸書』などの文書類、京都市の藤原良相邸遺跡から‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-10 03:45

影男/13

c0168955_652041.jpgシャドークイーンとは北海道生まれの紫ポテトのこと。2006年11月に公表された品種で、北海道農業研究センターにより、紫肉品種「キタムラサキ」の開放受粉種子より選抜された物を育成された品種で、外見は黒っぽい濃い紫色をしていて、中は鮮やかな濃い紫色をしている。この紫色の果肉には紫肉の既存品種キタムラサキやインカパープルと比べてもペタニンを主とするアントシアニン色素を約3倍も含有しているとされている。生いも1gあたり8.16mgものアントシアニンを含んでいるとされている。◎影の薄い影男もありかな。◎いい感じの写真が‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-07 04:26

読書感想/123

c0168955_652041.jpg北町奉行所朽木組『闇の黒猫』 作者:野口 卓 出版社:新潮文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎闇の黒猫。水際立った手口で大金を奪い去る盗賊はいつしかその異名で呼ばれていた。腕が立ち情にも厚い、定町廻り同心・朽木勘三郎と、彼に心服する岡っ引達は商家の盗難騒動、茶問屋跡取り息子失踪事件を鮮やかに解き、いよいよ江戸の闇夜に跋扈する「黒猫」の正体へと迫ってゆく。◎私的感想◎10ページほど読んで閉じてしまった。耳袋秘帖『妖談しにん橋』 作者:風野 真知雄 出版社:文春文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎深川で、西国雄藩の藩士と石川島から戻ったばかりの無宿人が相次いで水死した。2人とも死の直前に三十間堀に架かる「四人橋」を4人で渡り、自分の影だけが消えたと言い残していた。なぜ、影は消えたのか。そして、裏にうごめく悪の正体とは!根岸肥前守が江戸の怪異を解き明かす。◎私的感想◎回りくどいというか、まどろっこしいというか‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-07 04:25

走馬灯のように/20

c0168955_652041.jpg走馬の儀は葵祭を締めくくる神事であり、馬が疾駆する姿を神に奉納するという意味を持つそうだ。形としては賀茂競馬に似ているが、その起源は賀茂祭(葵祭)始原のご神託に依るとパンフレットにあり、宮中の行事を引き継いだ競馬とは性格が異なる様だ。当日は馬寮から2頭、賀茂の馬5頭の計7頭が一の鳥居から二の鳥居までの間の参道を駆け抜けた。途中鞭を上げて神の座を指し示し、大声で叫ぶ事でその走る姿を神に捧げるという事らしいでだ。競馬の時もそうだったのだが、下手に馬を刺激するととんでも無い事になると繰り返し場内アナウンスがあった。くどい程の警告だったものの、まさかそんな事は起こらないだろうと高を括っていたのだが、それが現実のものとなりかねないアクシデントが‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-07 04:24

定点観察/65

c0168955_652041.jpgエイリアンとの遭遇に関する世界の逸話/3[リー・パリッシュはロボットに拉致されたのか?]1977年1月27日、19歳のリー・パリッシュは車で帰宅途中だった。すると突然光のビームの中に車ごと浮きあがったという。催眠状態から覚めた後にパリッシュはその時の様子をこう語った。3つの奇妙な物体の前に連れて行かれたが、それはどんな生物とも似つかなかったという。1つは大きな黒い6mほどの長方形の物体で、接合部のないロボットアームがついていた。やはり同じようなアームのついた赤い長方形の物体や、2mくらいの白いものもいたという。白いのがどうやらリーダーのようで、赤いのがアームを伸ばして近づいてきて、恐々と触れてきた。その時パリッシュは冷たさと痛みを感じたという。パリッシュの体を調べてから3つの物体は1つになり、彼らがロボットだという印象を消した。気がつくとパリッシュは‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-07 04:23

スズメとハト

c0168955_652041.jpg鳥類とは脊椎動物門鳥綱Avesに属する動物の総称。飛翔生活にもっとも適応した脊椎動物で、基本的な体制は爬虫類と共通な点が多いが、両者は一見して区別することができる。鳥類のおもな特徴をあげると、(1)体は羽毛で覆われている。(2)前肢は変形して翼となり、後肢のみで体を支える。(3)体温は定温性。(4)卵生であるが雛は両親の保育を受けるなどである。この他にも骨は含気性で軽いとか、気?をもっているとか、現生の鳥には歯がないとか、いろいろの特徴がある。 ◎一社駅前のバス停に突然スズメが舞い降りた。◎奴は人間慣れしているのか一向に‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-05 04:23

公園での出来事/1

c0168955_652041.jpg私の誕生日は5月11日だ。これには何の意味もない。しかし、過去の5月11日には色々な出来事があったみたいだ。例えば、649年、大化の改新の協力者の蘇我石川麻呂に疑いがかかり山田寺で自害した。 1270年、東寺塔が炎上した。 1671年、伊達騒動の裁断の結果、幕府は伊達宗勝を土佐国に配流し伊達綱村の罪を免じる。明治24年、来日中のロシア皇太子ニコライが大津で警官に斬りつけられる(大津事件)。昭和14年、満州国とモンゴル人民共和国の国境ノモンハンで、満州国軍と外蒙軍が衝突する(ノモンハン事件の発端)。他には昭和53年、歌手の安西マリアが失踪した。◎砂遊びの残骸を見つけた。◎小石が影を伸ばして‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-05 04:21

冬の空/7

c0168955_652041.jpg「畑あり家ありここら冬の空」こういう句を読むと、俳句の上手下手とは何かと考えさせられてしまう。たぶん、この冬空は曇っていると思われるが、見知った土地の畑の中に民家が点在している様子を作者はあらためて見回しているのである。曇り空と判断する根拠は空が抜けるように青かったとすれば、作者は地上の平凡な光景をあらためて確認するはずがないと、まあ、こんなところにある。この時、作者は弱冠26歳。「ホトトギス」最年少の同人に輝いた年だ。しかし、この句から二十代の若さを嗅ぎ取る読者はいないだろう。どう考えても、中年以降の人の句と読んでしまうはずだ。「ホトトギス」の親分であった高浜虚子はなかなか隅に置けないジャーナリストで、新同人の選別にあたっても‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-05 04:20

定点観察/64

c0168955_652041.jpgエイリアンとの遭遇に関する世界の逸話/2[エイリアンとバトルした男]1954年、グスタボ・ゴンザレスとホセ・ポンセはベネズエラのカラカス郊外をトラックで走っていた。カーブを曲がった時、巨大な光る球体が道を塞いでいるのに遭遇した。ゴンザレスがトラックから降りて調べてみようとすると、球体のハッチが開いて、3人の小さな毛むくじゃらの人型生物が出てきて、そのうちの1人がゴンザレスに飛び掛ってきた。軽い割りには力が強く、振り払うことができずに取っ組み合いの喧嘩になり、ゴンザレスは4.5mも吹っ飛ばされた。ゴンザレスはナイフを抜いて刺そうとしたが、エイリアンの体は鋼鉄のように固く、ナイフの刃が立たなかった。しかしその後、エイリアンは根負けして宇宙船に逃げ帰り、そのまま飛び去ってしまった。ゴンザレスとポンセはこの事件を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-05 04:19

再生のライブ/8

c0168955_652041.jpgそれにしても、昔の仕事仲間である高木さんと水野さんが顔を出してくれたのだが、席がなくて話もできずに帰っていかれたのには返す返すも残念でならない。7~8年ぶりのライブだからこそ、こんなに客がいたのであってしばらくしたら、客も適正数に減少するはずだからその時はまた誘ってみようかと思う。ぜひ、積もる話をしてみたいと、楽しみにしている。もう1つニュースがある。研ちゃんの知人がGOOD OLD BOYSのライブを携帯のビデオ機能で録画したみたいで、その彼が雄サンに「Youtubeに乗せていい」と聞いたら、何の躊躇もなくOKサインを出したというので、私としても反対する理由が見つからないのでOKを出した。そのうち投稿されると思うので、詳細はこの場を借りて発表するので‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-03 03:00

影男/12

c0168955_652041.jpgこの世界は光と影に満たされている。そこには必ず光と影の物語がある。光と影それは表裏一体。光とは人の外面。光を人に喩えると心より出でて人の外面へ顕われる輝き。影とは人の内面。影を人に喩えると想いなど奥深くから外面へ輝きをもたらす心。光と影とはその姿は違うけれどどちらも同じもの。共にあり、その存在を認め成り立つもの。人の心は影と言える。絶えず内にあって、それでも外へと影響を及ぼす。この影は様々な想いや感情を秘めて外面の光の姿を変えさせる。心が荒む時、心が歓喜する時、外面の光もその形をもって具現化する。それは因果関係に似ている。因は影、果は光と言える。これは影が光をコントロールしていることに他ならない。これは自然も同じことだ。光の強弱、光の様々な輝き、姿は影により‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-03 02:59

走馬灯のように/19

c0168955_652041.jpg人の心はうつろいやすい/徒然草26段「風も吹きあへずうつろふ、人の心の花に、馴れにし年月を思へば、あはれと聞きし言の葉ごとに忘れぬものから、我が世の外になりゆくならひこそ、亡き人の別れよりもまさりてかなしきものなれ。」再度、徒然草に戻りってこの一文の意味をざっくりまとめておくと、色あせ散りゆく花よりも、うつろいやすい恋心。親しかった頃に、いとしい人と交わした言葉は忘れられない。でも、いつの間にか別世界の人になり、記憶から消えていってしまう。それが恋のならわし、というものだろうが、死に別れよりも悲しい。平安時代の和歌が織り込んであったりで、きれいな一文。恋心はもちろん、友情や信頼、尊敬、感謝まで…。尊い気持ちはどうしてこんなにも簡単に薄れてしまうのだろう。人の心はうつろいやすく、それに気づいてしまうと‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-03 02:58

定点観察/63

c0168955_652041.jpgエイリアンとの遭遇に関する世界の逸話/1[マレーシアの小さなエイリアン]ダグラス・アダムズの小説『銀河ヒッチハイクガイド』の中にこんなくだりが出てくる。2つのエイリアンの種族が巨大な艦隊を組んで遥か彼方を何万年もかけて地球にやってきたが、地球人より遥かに小さい彼らは小型犬に食われてしまうはめになることを知るよしもなかったというもの。似たような遭遇話がマレーシアに多くある。1970年8月19日、6人の子供達が深い森の中で遊んでいた時、直径1mに満たないUFOから5人の人型エイリアンが出てきたのを目撃した。エイリアンの身長は8cmほどしかなく、4人はブルーの服、リーダーらしきもう1人は黄色の服に先の尖ったヘルメットを被っていた‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-02-03 02:57

2014.01掲載ブログ

e0059431_221874.jpg◎433同級生宅での飲み会 ◎434定点観察/55 ◎435冬の空/1 ◎436第2回ボーリング大会/1 ◎437走馬灯のように/13 ◎438影男/7 ◎439定点観察/56 ◎440落書き/1 ◎441第2回ボーリング大会/2 ◎442冬の空/2 ◎443定点観察/57 ◎444影男/8 ◎445第2回ボーリング大会/3 ◎446定点観察/58 ◎447冬の空/3 ◎448第2回ボーリング大会/4 ◎449定点観察/59 ◎450落書き/2 ◎451走馬灯のように/14 ◎452第2回ボーリング大会/5 ◎453影男/9 ◎454冬の空/4 ◎455走馬灯のように/15 ◎456 2次会兼忘年会/1 ◎457再生のライブ/1 ◎458定点観察/60 ◎459二次会兼忘年会/2 ◎460仕事納めの日の宴会 ◎461再生のライブ/2 ◎462冬の空/5 ◎463 2次会兼忘年会/3 ◎464ラグビー観戦/1 ◎465再生のライブ/3 ◎466走馬灯のように/16 ◎467定点観察/61 ◎468 2次会兼忘年会/4 ◎469ラグビー観戦/2 ◎470再生のライブ/4 ◎471冬の空/6 ◎472影男/10 ◎473再生のライブ/5 ◎474定点観察/62 ◎475走馬灯のように/17 ◎476再生のライブ/6 ◎477走馬灯のように/18 ◎478影男/11 ◎479再生のライブ/7
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-31 20:57

再生のライブ/7

c0168955_652041.jpgこんなことを言うのはなんだが、ライブをやる前からアンコールの曲は決めていた。それも5曲。そんな訳で、ある意味強引にアンコールに突入していった。1曲目はジョー・コッカーの「Unchain my heart」だ。ここで更に大盛り上がり。収集が効かなくなった。2曲目から続けて3曲は静かな曲を予定していたのだが、会場はそんな雰囲気ではなくなっていた。まさに騒乱状態。ここで躊躇してはいけない。長年ライブをしてきてどうすればいいのか判っている。それで、私が一瞬で判断した。ここは最後の「Bye bye blues」だと。この曲メンバー紹介を兼ねたブルース。最初私が1回歌って、次は雄サンのアコギが2回、次は研ちゃんが2回、次は横山君のリードギターが2回、最後私がブレークして終わった。ここで言うのもなんだが、GOOD OLD BOYSのライブ5年ぶりぐらいだと思っていたのだが‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-31 04:44

影男/11

c0168955_652041.jpg光と影は写真の命だ。写真は平面表現/2次元するものだ。しかし光と影を利用することにより3次元、今流に言うなら3Dの世界の表現に近づく事が出来る。順光/太陽を背に写真を撮ること撮影すると被写体の後ろにしか出ない。逆光/太陽の方向にカメラを向ける撮影すると、被写体の影が前に出てくる。それにより立体感がでて、3Dもどきの写真になる。そして、冬は影の季節と言うと、どうしてと思われる方もあると思とのだが、冬は太陽が夏より低い位置で地球を照らす。お正月前後は窓から入ってくる日の光が低かったことを記憶していませんか?特に朝と夕方は影が長くなる。影が写真を立体的に出来るという点から冬は‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-31 04:43

走馬灯のように/18

c0168955_652041.jpg人の心はうつろいやすい/徒然草26段「風も吹きあへずうつろふ、人の心の花に、馴れにし年月を思へば、あはれと聞きし言の葉ごとに忘れぬものから、我が世の外になりゆくならひこそ、亡き人の別れよりもまさりてかなしきものなれ。」出だしの「風も吹きあへず」と「人の心の花」という言葉にはうつろいやすい人の心を嘆いた、2つの和歌が潜んでいる。まずは紀貫之の歌から。[桜花 とく散りぬとも おもほへず 人の心ぞ 風も吹きあへず]桜は風に誘われて散ってしまうものだけど、人の心という花は風が吹かなくても散ってしまうじゃないか。そしてもう1首は小野小町の歌。[色見えで うつろふものは 世の中の 人の心の 花にぞありける]花の色はその色があせていくのが見えるけど、人の心の花は気づかないうちに色あせ、やがて失われるもの。小町だけに「人の心の花」はやはり「恋心」の‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-31 04:42

再生のライブ/6

c0168955_652041.jpg2回目であるブルースサイドは雄サンのブルースから始まった。しかし、いつ聞いても雄サンのブルースは本物だと思う。こんなブルースを名古屋で聞けた観客はホントにいい経験をしているんだが、そうでもないみたい。そこが問題でもある。2曲目は研ちゃんのスタンダードスローブルース。こういうのを歌わしたらジャズボーカル教室でブイブイ言わしている研ちゃんにとっては朝飯前のコンコンチキだった。次は私の「I'm leaving you」だ。シャウトシャウトのオンパレード。次は一転して、ブルースのスタンダード「Gee baby」もちろん歌うのは研ちゃんだ。まさに完ぺきだ。20代や30代のガキにはどう逆立ちしても、太刀打ちできない。次は私の「Life by the drop」だ。作業所のU.M君からリクエストされていた曲だ。しかし、ここで思わぬ落とし穴が待ち受けていた。ギターの間奏の後、雄サンに「最初に戻る」と合図を送ったのだが‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-29 02:53

走馬灯のように/17

c0168955_652041.jpg作詞:阿久悠 作曲・編曲:大野克夫「時の過ぎゆくままに」は沢田研二の14枚目のシングルである。1975年8月21日にポリドール・レコードより発売された。沢田自身が主演を務めたテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』の主題歌として使用され大ヒットを記録し、3曲目のオリコン1位を獲得した。年末の賞レースでは第6回日本歌謡大賞で放送音楽賞を受賞したのをきっかけに、第4回FNS歌謡祭・下期優秀歌唱賞、第1回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭・年間話題賞などを受賞し、NHK紅白歌合戦でも歌唱した。当時、テレビ局の演出家であった久世光彦が阿久悠に沢田主演のテレビドラマの企画の相談を持ちかけ‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-29 02:51

定点観察/62

c0168955_652041.jpgエイリアンと聞いて頭に思い浮かぶのはだいたいあの灰色のボディーをした目の大きい「グレイ型」であるという人が多いだろう。また、エイリアンとの遭遇や拉致事件も人里離れた場所で光る宇宙船を見たとか、宇宙船に連れていかれて身体検査され、戻ってきた時には記憶が一部消えていたとかいった話が定番である。未知との遭遇に関する体験談は奇抜ながらも型にはまりすぎていて、作り話ではないかと思われるものもある。しかし、これら全てが嘘だと言えるだろうか? カール・セーガンの「どこかで 信じられない何かが 知られるのを待っている」という言葉を思い出して欲しい。ここに挙げた例はどこかで聞いたような話が多いが、もしかしたら、そこには知ってほしい誰かがいるかも知れないし、そうでもないのかも‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-29 02:50

再生のライブ/5

c0168955_652041.jpg研ちゃんの挨拶でライブは始まった。1曲目はダン・ペンの「LODI」 両隣の研ちゃんと横山君には合図が送れるのだが離れた雄サンには合図を送っても余りの客の多さで伝わりにくいし、久しぶりのライブで必要以上に緊張していて、始めはぎこちなかった。2曲目はトム・ウェイツの「OL'55」だ。なんとなく昔の感覚が戻ってきた。 以後は雄サンの緊張も、研ちゃんの過呼吸も、横山君の練習不足も私のポカも客の篤い声援に完全にかき消されていった。 1回目の最後の曲であるライ・クーダーの「Across the Borderline」もミスなく終了した。立錐の余地もないほどの千客万来の客と平均年齢62歳、バンド名GOOD OLD BOYSにふさわしくなったメンバーの思いが相まったライブに手応えを感じた瞬間でもあった。ライブを見に来た客といっても私と同年代か年長者ばかり、その中で作業所の‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-27 03:45

影男/10

c0168955_652041.jpgシャドーボックスとは17世紀のヨーロッパで流行したデコパージュの技法の1つで、 その後アメリカに伝わり、立体的に発展して出来たハンドクラフトだ。デコパージュとはフランス語で、切り抜く、切り裂くなどと言う意味で、 紙に描かれた模様や絵の切り抜きを貼って物の表面を飾り、コーティング剤を塗り重ねていく工芸だ。17世紀中頃、ヨーロッパで広まり、フランス上流階級の婦人の間で‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-27 03:44

冬の空/6

c0168955_652041.jpg爆発の瞬間、ベテルギウスの表面は100万度の高温になる。爆発から1時間後には青い光が肉眼でも見られるようになる。2時間後、全天で最も明るい恒星シリウスに並ぶマイナス1.5等級となり、3時間後には半月と同じマイナス11等級となって夜空を煌々と照らす。もし季節が夏でも昼間の青空の中、太陽の近くにギラギラと鋭い光を放つベテルギウスが見えるはずだ。この状態が3カ月ほど続く。そして徐々に光度が落ち、4年後には肉眼で見られる限界の6等星となり、遂にベテルギウスはオリオン座から姿を消す。ところで、今世紀に入ってから超新星爆発は3度観測されている。しかし全て肉眼で見ることはできなかった。肉眼で見ることができたのは1987年、大マゼラン星雲のSN1987Aの超新星爆発で16万光年離れた天体が3等級まで光度を増した。しかし、ベテルギウスはまったく‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-27 03:43

再生のライブ/4

c0168955_652041.jpg当日、店は7時から営業を開始し、7時半からライブ開始。だから、メンバーの配置を決めて、というのも研ちゃんが糖尿病の影響で目が見えにくくなっており、楽譜を見るためにはライトの真下じゃなくちゃならないから。という訳で、まずは研ちゃんの位置が決定し、その後私、雄サン、横山君と、順次決まっていった。それからアンプチェックとマイクのチェックも無事終了。そんな訳で最終の音合わせといってもたいしたことはできなかったが無事終了。後はただ天命を待つのみ。私の知ってるところ、作業所からは7人、私の関係者が8人、雄サンが2人、研ちゃんが5~6人。という訳で私の読みではお客さんは多くても20人ソコソコだなとおもっていた。最初の客は研ちゃんの知り合いで、6時40分にはドアを開けていた。三々五々客が集まってきた。するとどうだ、あれよあれよと客が入ってきて7時頃には満席になっていた。それで安堵した訳でもないのだが、私はマイヤーズの水割を‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-25 03:56

ラグビー観戦/2

c0168955_652041.jpgラグビー観戦が終わって次はどうなるか。「宴会でしょう」てな訳で、本山にある居酒屋に向け、旅立っていった。5時少し前に会場に到着した。店は5時オープン。待つしかない。なぜか、新年会でもやろうという中年どもが入り口前に集まってきた。そういう時U.Oさんは上手だ。杖を突きながら、それも今にも倒れるかのようにぐらつきながら、中年どもの前に出てしまった。こういうトコロがさすがだ。だてに障害者をやってる訳ではない。私もいい手本にあやかってちゃっかりU.Oさんの横にいた。そんな訳で、店には1番乗り。U.Oさんはビール。私は芋焼酎。宴会は酔いが回るうちに順調に始まった。ここからが私の反撃だ。社業所では新参者と言っても、社会経験では1年長の私にブがある。酔いの勢いも手伝って、いつのまにか私の意見に肯いているではないか。U.Oさん、更に私の篤い意見を聞いてさすがだなって思ったのか‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-25 03:55

2次会兼忘年会/4

c0168955_652041.jpgと言いながらも、ここで2次会は2時間という制約の中、無事終了した。皆は三々五々帰途に就いたのだが、私の他、数名は3次会に突入した。これこそ、内容は割愛するしかない内容だった。ご苦労さん。翌日、出勤してこなかった奴もなく、めでたし、めでたしのボーリング大会兼2次会兼忘年会だった。◎いいね、S.M君。この腹の出てるのはいい男のU.M君じゃないか。◎ベロベロのK.T君とN.N君じゃないか。この2人、高校の先輩と後輩なのだ。◎撮影してる奴もはっきり言ってもうベロベロだ。◎私とS.M君。もう上機嫌だな。◎3次会に向かうところ。完全に出来上がっている。◎3次会も終わって‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-25 03:54

定点観察/61

c0168955_652041.jpgしかし、日本の小学校のように駅から見て北だとか南というような、極めて身近でローカルな話はどうもあまりしていないようです。少なくとも私の記憶にはそれらしき話は一切残っていません。結局、世界地図などのような抽象的な話はいいけれども、日常生活の中で東西南北の概念を使おうという発想は私にはまったく浮かばない訳です。そして、どうもそういう人は私だけではないようです。自虐的なジョークが多いロシアですが、ロシア人の方向音痴をネタにしているようなものもあります。ここで1つご紹介します。ロシアの潜水艦が浮上して、乗組員たちは小さなボートに乗っている外国人の釣り人にアメリカ軍の船の行方を尋ねた。「南東方面」という回答が戻ってきたので、ロシア人たちは怒って「そんな小難しい話はいいから、行った方向をさっさと指で指しなさい」と‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-25 03:53

2次会兼忘年会/3

c0168955_652041.jpg色々あって言いたいことが一杯なのだが、ここではやっぱり割愛させてもらうというか、割愛させてもらうしかない。◎コレを撮ったのは周りの配置からいってU.M君だな。◎ここまでくると「酔ってるのかU.M君」と言ってやりたい。◎ヒョウ柄のシャツ。ちょっと私には無理だな。◎1時間も過ぎると上機嫌な2人。ちなみに、K.Nさんは酒を飲まない。◎私が酔っているのではなく、撮影者が酔ってるの。◎だいぶいい感じに‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-23 05:28

ラグビー観戦/1

c0168955_652041.jpg仕事も始まっていない1月5日、ラグビーを見に行ってきた。もちろん、作業所仲間のU.Oさんに誘われたから。しかし、どうでもいいことだが、1月の寒い中ラグビーを観戦するというのは気乗りがしなかった。寒いということは便所が近くなるということ。便所が近くなるということは排尿してこなくちゃならないということ。ひとことめんどくさい。1度で終わるなら我慢もできるがそうは問屋が卸さないということもあるはずだ。そう考えると、増々めんどくさい。更に地下鉄「瑞穂運動場東」駅からラグビー場までが半端なく遠い。増々増々めんどくさい。それではなぜ行くのか。ぶっちゃけた話、私はU.Oさんより1歳年長だ。しかし、作業所に入所した順番では彼が2番で私が18番。えらい違いだ。言葉を替えると私は新参者ということだ。社会常識として‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-23 05:27

再生のライブ/3

c0168955_652041.jpgこれで終わらないのがライブなんだな。2部構成(1部スローサイド・2部ブルースサイド)で1回に12曲という事を考えていたのだが練習を終わって感じたことは2回の練習だけで完ぺきを求めるには余りにも曲数が多すぎるということ。そして何より、後半雄サンの指がもたないということ。それでライブの前日にまずは研ちゃんに「ライブの曲数を減らそうと思うんだが」というメールを送ると研ちゃんから「任せる」という返事があった。そうやってライブ当日とを迎えた。当日の朝、雄サンにライブの曲目の中から4曲減らしたこととそれによって曲の順番も若干替えなきゃならないこと。というのも、私と研ちゃんが交互に歌っていくのが基本だから。それと、前日You-Tubeで元歌を確認したところ2曲ばかり曲の構成を替えた方がいいことが‥‥ 続きを読む♂
[PR]
# by tomhana0901 | 2014-01-23 05:26