2013年 11月 30日 ( 4 )

ライブ鑑賞/2

c0168955_652041.jpg東京から5年ぶりに帰って、名古屋の街は右も左も判らなかった。そんな中、中学校の同級生に連れられて今池の「ユッカ」に行った。喫茶店のような場末のスナックのような一言で言うなら時代遅れの店だった。その時、偶然雄サンと出会っていた。髪の毛が長くてまるでヒッピーのような人だった。しかし、弾いていたギターの音は本物だった。すぐ、魅了された。こんな人と一緒にやってみたいと思った。それから40年ちかく経って、私はギターを弾けなくなったが今でも一緒に「GOOD OLD BOYS」をやっている。◎200%の熱唱は続く。◎「やるなお主」という感じだった。◎最後は3人揃い踏みだった。◎そんなに揺れる曲ではないのに揺れていた。◎ステージは盛り上がって‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-11-30 12:54

読書感想/122

c0168955_652041.jpg臨時廻り同心日下伊兵衛『八丁堀日和』作者:押川國秋 出版社:講談社文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎死期の迫った女の最期を看取る。そう覚悟した伊兵衛はおさわをそこまで大切に思っていた我が身に驚く。診療所の子供と3人で神田川へ笹流しにいく途中で伊兵衛はおさわのことで苦しめてきた妻萩乃と鉢合わせてしまう。息子新一郎も定廻りに昇進し、残りわずかの日々を同心伊兵衛は…。◎私的感想◎もうちょっとなんとかならないのか。『羊羹合戦』作者:火坂 雅志 出版社:小学館文庫 私的評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆◎ストーリー◎秀吉の紅羊羹を超える羊羹を作れ―。直江兼続より、翌年行なわれる関白主催の花見の会での上杉家の羊羹作りを任された庄九郎。練り羊羹を味わったこともなかった庄九郎による、越後ならではの‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-11-30 12:53

ウチの猫以外/2

c0168955_652041.jpg猫は長い威嚇行動を経た後に双方引かない場合には衝突に発展し、威嚇には一方が低音で唸ると他方は高音で返すなどの特徴がうかがえる。通常は1対1のけんかであるため人間がけんかの声に似せて横槍を入れると、気味悪がってけんかを中止することもある。けんか・格闘は跳びかかりやすく有利な高所を制した側が優勢で、そのため、戦略的ポジションを探りながらの威嚇が長時間続く。格闘になるとほんの数秒で決着する。多くの場合、相手に痛手を負わすまでの闘いになるまでに勝敗が決する。けんかをしている猫を抱き上げると、猛り立った猫は見さかいもなく主人にでも噛みつき、人がけがをする可能性がある。けんかをやめさせたければ、水をかけるのが最善の方法である。◎ここまでくると何が何だか判らない。当然T美がくれた。◎このマントヒヒも当然T美がくれた。◎これも‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-11-30 12:52

定点観察/47

c0168955_652041.jpg現在の角度では発電量が足りず、スピリットは冬の間おそらく地球との交信ができなくなる。数度でも傾きを修正するだけで、数日に1度の割合で交信が可能となる。また、重要な電子機器を冬の寒さから守るヒーターを入れておくこともできる。無事冬を乗り越えられれば、今いる場所で数か月から数年の単位で探査を続けることができると見込まれている。米・コーネル大学の研究者で、火星探査車の主任研究員をつとめるステーブ氏は「動けなくなったことが、即ミッションの終了を意味するわけではありません。定点観測の切り替えにつながったのです」と話している。[109日目]◎こういう雲が好きだ。見ていて飽きない。◎いつもと同じ所で撮った写真だが、いい。◎これなんか最高だ。◎これもいい。◎この日のベストショットが‥‥ 続きを読む♂
[PR]
by tomhana0901 | 2013-11-30 12:51